母はWM

原発性マクログロブリン血症と診断された母の治療記録です

カテゴリ:原発性マクログロブリン血症 > 入院

起床15分後に採血があっただけで、この日もやっぱり何もなし。
採血をするのに、手を前に出せないほど、痛みが酷くなっているのに。

昨日3人退院していき、今日1人入ってきました。
でも・・・1日中カーテンを締め切っているし、誰とも顔を合わさず、話もしないので、どんな人なのか全くわかりません。

20161224
 

昨晩は、同室の人が夜中に電気を付け、ガサゴソ音を立てながら何かしていたので(朝5時まで続く)、全然寝られなかったとのこと。
この人、母より数日後に入ってきたお年寄りで、入院中いろいろやらかしてくれます。
母の入院日記は、実はこの人の話題ばかり。
面白いので書きたいけれど、さすがにそれはやめておきましょう。

この日、病室の6人の内、3人が退院してしまいます。
この3人はとても良い方たちで、いろいろお世話になったので、とても残念がっていました。
残った2人は、先述の人を含め、とてもクセのあるお年寄りたちです。

20161223_1


17時。担当の先生が来られ、
明日24日(土)に予定していた今後の治療法の説明が、27日(火)に変更なったと告げられます。
3日も延びました!
それじゃあ、明日からの3日間、一体何をするの!?
今日も何もしてもらえなかったし、母の体の痛みは日に日に増すばかりです。

今日1日の食事 
20161223_2

起きるなり、いつもよりも両腕が酷く痛みます。
この日は午前中に、採血と骨髄穿刺跡のカーゼを貼り替えただけで、他には何もなし!
骨髄穿刺が終わればリツキサンまですぐだと思っていたのに、全然そうはいきません。

昨日「ゆっくりして欲しい」なんて書きましたが、「早く戻ってきて!」という思いも同じくらいあります。というのも、母が入院中、私の生活習慣が変わってしまい、特に仕事をする時間が全然なくなったり、何かと障害が発生していました。家に私1人なら全然問題なかったのですが…。
とにかく、1週間で済むと思っていた入院なのに、先が見えないのでイラつきます。
24日に、先生と一緒に今後の説明を聞く事になったので、なぜこんなに日数がかかっているのか、納得のいく説明をしてもらおうと、思うのでありました。

20161222_1


今日1日の食事
20161222_2
 

午前中は何もなし。

14時前に、皮膚科を受診。
この先生、生検するつもりでいたのが、蕁麻疹がそんな状態ではなく、採取出来なかったので、あからさまにつまらなさそうな態度をとったそう。
診断は、乾燥による痒みと、手で掻いた跡の痒み、それと蕁麻疹。
塗り薬、ワセリン、飲み薬が出されました。
生検が出来ないので、WMやCVとの関連性は分からないとのこと。
蕁麻疹が出始めた頃の、ブヨブヨしたブツブツを診てほしかったです。
1週間後にまた来いと言われたけれど、「あの先生いやや!」とかなり腹を立てていました。

20161221_1


14時頃に面会。
母は入院生活が楽しいようで、妙に浮かれています。
でも母の立場になって考えてみれば当然なのです。
結婚してから、こんなに長く何もせずに休んだ事なんてないのですから…。
病院で、病気で、こんなこと言うのも何ですが、ゆっくり休んで!と思いました。

20161221_2


夜に、昨日のとは違う蕁麻疹の薬と、塗り薬、ワセリンが出されました。

今日1日の食事 
20161221_3

や〜っと来ました、骨髄検査の日!
その前に採血と、痛みが酷い股関節のレントゲンを撮りました(異常なし)

20161220_1骨髄穿刺は病室近くの処置室で10時半から。
母のメモ書きで説明します。

1.  ベッドにうつ伏せになり、腰を出す。
2.  消毒をして、麻酔を3箇所ほど打たれる。
3.  効きが弱いので、さらに何度か打たれる。
4.  やがて感覚がなくなり、いざ本番!
5.  グリグリとした感じで針が入ってくる。
6.  大きく息を吸って吐く。吐くときに液を吸い出すのか、
  グウーッとした感じがする。
7.  それを2回される。
8.  針を抜かれる時が痛くて、思わず「痛い!」と声が出る。
9.  終わると先生が取ったものを見せてくれる。
  液の中にミミズのような赤いものが入っていた。
10.  テープを貼って30分間、その場で安静にする。

これで、一番恐れていた骨髄穿刺が、無事に終了しました。
もっと痛いものだと思っていたけれど、それは麻酔と針を抜くときだけで、本番は言葉にできない変な気持ち悪さだったとのことです。

部屋に戻ると、同室の方から「一発で終わった?」と聞かれます。
なんでもその方は、研修医に当たってしまい、なんと7回もやり直ししたのだとか!
先にこの話をしたら、怖がるだろうと思って、黙っていてくれたのだそうです。

20161220_2


14時に面会へ行き、骨髄穿刺の話を聞きます。
元気にしていたので安心しました。 

20161220_3


しばらくすると看護助手さんが、母をエコー検査に連れて行くために、車いすでお迎えに来ました。足の痛みで歩行が辛かったので、これは助かります。
このエコーは、先日のPET/CTの検査結果で、両腋の集積が強かったので、もっと詳しく調べるためのものでした。そして異常なし。

20161220_4


全身の痒みが酷くなる一方なので、寝る前に飲み薬が追加されます。

今日1日の食事
20161220_5

この日は午前中に眼科で検査があっただけ(異常なし)。
今日もか・・・という感じです。
早く痛みをどうにかしてほしいのに、入院しているのに何もしてもらえないなんて、本当にもどかしい!
しかも、入院2日目から痛くなってきた股関節が、日に日に痛みを増し、歩行が困難になってきました。

20161219_1


今日1日の食事 
20161219_2
 

↑このページのトップヘ