母はWM

原発性マクログロブリン血症と診断された母の治療記録です

カテゴリ:原発性マクログロブリン血症 > 病気がわかるまで

お次はいろんな痛みレイノー現象
2016年10月末ごろから順番に・・・
 
 ・ 左肩首の痛み
 ・ 右肩の痛み。喉も痛く、唾を飲むにも痛い。
 ・ 両手が腫れ、同時にレイノー現象出現(11/13)
 ・ 右の咽喉周りの痛み(11/15)
 ・ 肩の痛みで寝られない(11/18〜)
 ・ とうとう痛み止めを飲む(11/19)
 ・ 左手首の痛み腫れ(11/20)
 ・ 起きるのが苦痛で、目覚めてから起き上がるまで30分かかるようになる(11/23〜)
 ・ ひざ下が張っている。(12/7)

という具合に、毎日ジワジワ悪くなっていきました。
 

201610_2

病気が発覚する前、体にいろいろな異変が現れました。

まずは蕁麻疹
なぜか週に1度の買い出しでスーパーへ出かけた時にだけ発疹が出ます。最初の頃はお尻だけ、そして太腿、背中と、どんどん範囲は広くなり、最終的にほぼ全身に出ていました。掻きむしるものだから、傷と乾燥とで、肌はボロボロ。見ていられないくらい酷かったです。この時は皮膚科でもらった薬を塗っていました。

2016812_2
 

↑このページのトップヘ