関節炎の治療入院で、なぜか胃カメラをすることになった母。
カメラで視るだけでなく生検もするというので、かなり大掛かりな検査となりました。

生検があると知ったのは検査の前日。
「胃の中にカスが溜まって、体のいろんな部分に悪さをすることがある」のだそうで、それで生検が必要なのだとか。

同意書には、「食道に傷がつくことがある」「最悪息が止まってそのまま帰れなくなることがある」等々、怖い注意書きがツラツラと書いてあり、ちょっと心配になってきた様子。
関節炎の治療で来ているのに、胃カメラで何かあってはたまったものではありません。


全身麻酔をして胃カメラ


何事もなく無事に終了。
この後の食事も摂れ、後々も不調なく問題はみられませんでした。よかった。